学校長より

                      歴史と伝統を受け継ぎ、未来に羽ばたけ伊商生

  〔校   訓〕 真理 友情 希望
  〔スローガン〕 あいさつは 人より先に 元気よく
          気づき 考え 行動できる伊商生

 本校は大正8年(1919年)に、伊勢崎町立商業学校として創立され、昨年度、創立100周年を迎えた、県下でも屈指の歴史と伝統を誇る商業の専門高校です。校訓である「真理」「友情」「希望」の下、「歴史と伝統を受け継ぎ、未来に羽ばたけ伊商生」を合い言葉に、自分の描く将来に向けて、伸び伸びと学校生活を送っています。
 平成12年には、入学してから学科が選べる「くくり募集」をいち早く始めました。この「くくり募集」により、入学後、共通して学ぶ科目を通して、自らの進路を考えた上で、2年生から「商業科」「会計科」「情報処理科」の3学科のうち、いずれかを選択できるようになりました。現在「会計科」が設置されている商業高校は、県内では本校のみです。
 専門の商業教育においては、全国商業高等学校協会主催の各種検定試験や日本商工会議所主催の簿記検定試験などの資格取得指導に力を入れ、例年、上位級合格者を多数輩出し、全国でも上位の成績を収めています。この他、地元企業との共同商品開発など、実践的な学びも積極的に取り入れて、商業教育の充実を図っています。
 自らの可能性を追い求め、高校生活を有意義に過ごしたいと思っている生徒の皆さんが、本校に入学することを期待しています。これからも地域社会の期待に応え、今まで以上に魅力ある学校にするために、教育目標である「 一人ひとりを大切に、一つひとつを丁寧に」「個性を伸ばし、夢を叶える教育」の実現に向けて、教職員一同全力で取り組んでいきたいと思います。